2022年1月28日(金)14時よりりんご教室説明会@こはく苑をオンラインにて開催します

新着情報,開発・実証,介護業務時間分析,介護ロボット,業務支援分野

2020年度のロボット介護機器開発事業で実証をお願いした栃木県足利市の特別養護老人ホームこはく苑様では、2018年から続いた人材不足から脱却、業務改善も一定の成果を経て、次はスタッフの質の向上、そして、地域との連携を目指し、介護予防、認知症予防に力を入れることになりました。

ふくしまロボットシティ推進協議会で推進しようとしている東京大学酒谷研究室のAICOG(認知機能低下リスク判定)、そして、経済産業省もその予防効果を認めているりんご教室(体験型健康医学教室)を導入することが決定しました。

2022年1月、まず導入として、介護スタッフがりんご教室2級講座(全8回)を受講することとしています。当初は地域の自治会長さん、民生委員さんにも参加を促しましたが、オミクロン株の猛威により一般の方の参加は見合わせるということになりました。

しかしながら、今回、鹿児島と栃木をつないで行う第1回の様子を、特別にオンラインで公開しても良いということになり、今回のご案内となります。

200名限定となりますが、zoomを使ったオンラインミーティングとなります。ぜひこの機会に「りんご教室」ってどういうものなのかをご覧になって頂きたいと思います。

ご興味ある方は、申込フォームの共有許可を頂きましたので、こちらからお申込みください。

こちらの申込は、特別養護老人ホームこはく苑様に直接届きます。個人情報は特別養護老人ホームこはく苑様が管理します。ただし、紹介者に記載があった場合、お名前、所属のみ共有させて頂くこととなっています。