介護事業所の生産性向上

開発・実証,介護業務時間分析,介護ロボット,業務支援分野,FTcare-i,開発日記,ロボット

 2019年、ベッドセンサはじめICT機器の紹介に行ったある特別養護老人ホームの施設長に、「君たちが持ってくるものが生産性の向上につながるとは思えない」とご指摘を頂きました。

 介護ロボットの開発に携わり始めたのが2015年、それ以来、たくさんの開発を目にし、介護施設に足を運びましたが、確かに生産性の向上の切り札になるようなものに出会うことはありませんでした。

 2020年、悩みに悩んだ末に、株式会社エフトス様と共に生産性の向上及び業務改善ができる機器を開発しようと令和2年度のロボット介護機器開発事業に応募しました。今回は機器の開発だけでなく、どうやったら現場が使える機器となるのかということを最大のテーマとして、導入事例の開発も含めての開発を行いました。