AMEDロボット介護機器開発2020

令和2年度ロボット介護機器開発・導入事業を実施中です

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(以下「AMED」)が公募した令和2年度 「ロボット介護機器開発・標準化事業(開発補助事業)」の「介護業務支援分野」で、株式会社エフトス ケアソリューション事業部が提案した研究開発課題が採択されました。

採択された研究開発課題は次の通りです。
ケアマネジメントサイクルを活用した業務時間分析システム(FTCare-i TOS(Task Optimization System))に関する研究開発

詳細はこちらをご覧ください。令和2年度 「ロボット介護機器開発・標準化事業(開発補助事業)」の採択課題について

<研究開発体制
研究代表機関:株式会社エフトス
分担研究機関:株式会社ヘルステクノロジー

■AMEDの「ロボット介護機器開発・標準化事業(開発補助事業)」について

経済産業省と厚生労働省が連携して策定した重点分野について、介護現場のニーズに基づいて介護の質を向上し、自立を支援するロボット介護機器の開発補助を実施する事業です。
(AMED関連ページ)
令和2年度 「ロボット介護機器開発・標準化事業(開発補助事業)」に係る公募について
ヘルスケア研究開発課 ロボット介護機器開発・標準化事業

本開発のベースになったのは2020年1月に実施した記録からではなく、勤務シフトと24時間シートから実施した介護業務時間分析でした。

2020年11月1日

Posted by IZUMI