介護経営相談始めました

開発・実証,介護業務時間分析,介護ロボット,業務支援分野,FTcare-i,開発日記,ロボット

 令和2年度より実施したAMEDロボット介護機器開発事業での実証後、実証施設では継続的に介護事業所経営の改善にも取り組んできました。採用、定着、業務の見直しに加え、BCP、会計・給与ソフトの運用見直し、何歳からでも心と体は変えられる体験型健康医学教室りんご教室の導入をベースとした評価制度の見直しにまで及びました。

 助成金に設定されている生産性要件を算出すると、基準の6ポイントを大きく超えた10ポイントの改善となり、経営規模の5%にあたる約1,500万円の改善が実現されました。

 この実践で、実証機器以外で新しく導入した介護ロボット、ICT機器はありません。すでに使っていた介護記録ソフト等を活用し実施していきました。この後、しっかりとした見極めを行い、施設に適切な介護ロボット、ICT機器の導入を検討していきます。

 この取り組みがお役に立てる事業所もあると考え、介護ロボット・ICT機器を活用した介護経営相談を始めることにしました。

オンライン相談月1相談改善活動サポート
10,000円/月30,000円/月150,000円/月~
月1回
オンライン相談
情報提供
月1回
訪問相談
情報提供
課題分析
提案
スタッフへの説明

実証施設でどのような取り組みを行ったかは、こちらを参考にしてください。

この業務改善活動は1社単体でやるより、多くの事業所と連携しながら行った方がうまくいく勝率が高まると感じています。ぜひ一緒に取り組みませんか。