開発日記

 私が介護の仕事に関わり始めたのは2005年(平成17年)、母体となる宗教法人からの依頼でした。大学の卒業論文こそ「視覚障害者のための歩行ガイドシステムの研究」でしたが、その後福祉の世界との縁があったわけではありません。ただ2000年(平成12年)に介護保険が始まったことは大きなニュースになっていたので、介護は新しい分野なのだという認識はありました。特に深く考えたわけではありませんでしたが、面白そうだしやってみようと引き受けました。
 当時の小泉内閣三位一体の改革もあり、施設サービスの介護報酬は第1回の改定で減額、建築整備費の助成も減額、内示も延期と最初から想定外が続きました。5月に内示、7月福祉医療機構の貸付審査、9月社会福祉法人設立、各種規定、5カ年運営計画作成、建築の入札準備、12月からはスタッフ採用面接など主要メンバーを決めるまでが私の仕事でした。約8ヶ月、地域初のユニット型特養ということで分からないこともたくさんありましたが、なんとか土台作りをして、あとは実務が分かっている方々に引き継ぎ、ここで関わりは終わるはずでした。
 2008年(平成20年)、うまくいっていない部分があるという相談を受け、現場の状況を確認すると、従来型特養のやり方とユニット型特養のやり方に苦慮しているということでした。ここから私自身もユニットケアを勉強しなおし、いろいろなセミナーに参加しました。特に最初に勉強させてもらった鳥取のゆうらくさんでの個別ケア、施設と在宅の連続性、福祉用具の活用の仕方は私の考え方のベースになりました。またユニットケアを推進実践されている武田和典さんには、東日本大震災以降復旧ボランティア活動でお会いするたびに、考え方の方向修正を何度もしてもらいました。

 そこで知ったのは、介護は高齢者のお世話をしているのではないということです。

更新日:

執筆者:IZUMI

関連記事

fukushima

新着情報

平成29年度「地域復興実用化開発等促進事業費補助金【継続分】」に採択されました

被災地住民の帰還を促進する医療とロボット産業の統合実証事業 震災後の避難生活における介護予防・日常生活支援が問題となっている背景を踏まえ、自立支援介護予防促進による健康産業都市の実現に向け、様々な介護 …

miryoku_seiri_02

開発・実証 介護業務分析 介護ロボット 業務支援分野 開発日記

介護のシゴト魅力向上懇談会

平成28年1月から4月に厚生労働省老健局にて「介護のシゴト魅力向上懇談会」が行われました。 https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-rouken_323035. …

000008022

新着情報

株式会社エフトス様の共同研究者として平成29年度 「ロボット介護機器開発・導入促進事業(開発補助事業)」に参加しています

平成29年度 「ロボット介護機器開発・導入促進事業(開発補助事業)」の採択課題について https://www.amed.go.jp/koubo/02/01/0201C_00001.html

Copyright© 株式会社ヘルステクノロジー , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.